<みんながパソコン大魔神>

シバケンの天国・みんながパソコン大魔神

2097878

設置公開<2010年7月23日>

主として、パソコン関係の話題。
その他、雑談、情報、愚痴話、自慢話、自説等々。
主旨は、閲覧の皆様に、一寸でも手助けが出来れば、
ご参考になればと、投稿賜りたく。
<不適切投稿は、削除します>

<投稿文は、【シバケンの天国別邸】に掲載します>

本家シバケンの天国
アクセス推移、ランキング、迷惑投稿公開、<趣意書

続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/06/05 (Wed) 02:54:46

<はじめに>

 こんばんは。


 下記スレッドの続きです。

<雑談NO.1705 続々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く>(起稿2018年6月30日)
http://mrshibaken.g2.xrea.com/majinbbs/mina_zatudan_153.htm#no1705

<雑談NO.1490 続:2014年5月からの間欠跛行(?)は続く>(起稿2017年3月2日)
http://shiba2211ken2.web.fc2.com/mina_zatudan_127.htm#no1490

<雑談NO.1438 2016年9月からの右手の麻痺は治ったが、2014年5月からの間欠跛行は続く>(起稿2016年12月6日)
http://shiba2211ken2.web.fc2.com/mina_zatudan_122.htm#no1438

<雑談NO.1407 右手が麻痺・依然として間欠跛行>(起稿2016年9月7日)
http://shiba2211ken2.web.fc2.com/mina_zatudan_118.htm#no1407

<自説NO.153 続・腰痛と間欠跛行>(2015年7月9日~7月19日)
http://shiba2211ken2.web.fc2.com/mina_zisetu_34.htm#no153

<雑談NO.714 <不自慢話>寝パソコン(腰痛と間欠跛行)>(2014年6月22日~2015年7月8日)
http://shiba2211ken2.web.fc2.com/mina_zatudan_47.htm#no714


 突然に間欠跛行(かんけつはこう)を発症してから丸5年になりますが、年々歩き続けられる距離が短くなっています。
 今は、数分間しか、立ち続けたり歩き続けたり、出来なくなっています。
 間欠跛行は、腰部脊柱管狭窄症に典型的な症状ですが、MRI等で脊柱管の狭窄は認められず、原因不明のため抜本的治療法がありません。


 此れまでのあらましをざっと記します。

 2014年5月に突然、5乃至10分間ぐらいしか続けて歩けなくなりました。少し休むと、また歩けるようになります。此れを「間欠跛行」(かんけつはこう)と呼び、「腰部脊柱管狭窄症」などに特徴的な症状です。
 但し、私の場合は、痛みや痺れで歩けなくなるのではなく、突然に「股関節が疲れ切ったような感じ」になって歩けなくなるので、医師が言う間欠跛行とは異なるものなのかもしれませんが、他に呼称もないので、間欠跛行と呼ばせていただきます。
 其の後、症状は悪化し、2016年には数分間しか立ち続けたり歩き続けたり出来なくなりました。2019年現在、更に症状は悪化しています。
 尚、短距離の自動車運転には、支障はありません。

 2014年には、整形外科Kクリニックに掛かり、腰部脊柱管狭窄症の疑いで、中東遠総合医療センターの整形外科に紹介されました。中東遠総合医療センターでは、腰のMRI撮影の結果「腰椎すべり症」と診断され、5分間も歩けるなら大手術はしない方が良いということになりました。
 「AKA博田法」に頼って一週間の上京をしてみましたが、何らの改善も見られませんでした。
 2016年9月の右手の「橈骨神経麻痺」(とうこつしんけいまひ)の際、また中東遠総合医療センターの整形外科を受診しましたが、今度の主治医のDr.富田によれば、MRIに見える程度の軽い腰椎すべり症では、痺れや痛みが出て歩行に支障をきたすことは有り得るものの、痛みも何もなしで歩けなくなることは無いといいます(この程度の軽い腰椎すべり症では、無症状のことも多いそうです)。整形外科の範疇ではないとのことで、神経内科のDr.若井に回されました。しかし、神経内科でも原因は分からず、整形外科に戻されました。Dr.富田は総合診療科のある大病院の受診を勧めて呉れましたが、病院は自分で探せとのことでした。
 さて、橈骨神経麻痺のリハビリと合わせて、Kクリニックにて、脚腰の萎えを防ぐ“だけ”のためのリハビリを始めました。
 聖隷浜松病院に「総合診療内科」があることを知り、当初は“内科の範疇ではない”と断られましたが、中東遠総合医療センターの整形外科と神経内科の両方の紹介状を統合することにより、受診を受け入れて貰いました。

 聖隷浜松病院の総合診療内科、2016年12月22日、2017年1月5日、2月2日、3月2日、と通いましたが、原因は分からず、せめてQOLを高めるためのリハビリだけでも行なうべきという結論になりました。只、岡本クリニックの薬が怪しい可能性はあるとのことです。

 岡本クリニックでは、2017年1月7日に、エビリファイを1日24mgから1日12mgに減らしましたが、間欠跛行に変化はありませんでした。2月4日に、1日6mgに更に半減しましたが、矢張り間欠跛行に変化なし。因みに、眠剤も、ベゲタミン配合錠の製造中止に伴い、ベゲタミンA配合錠を3T→2T→1Tと徐々に減らし、2016年12月8日にベゲタミンA配合錠を中止して、レボトミン錠を10mg→35mgにし、新たにフェノバール錠30mgを追加しました。

 Kクリニックのリハビリも、2016年12月6日より右手は終わり脚腰のみとなっていましたが、健保の関係とかで、2017年3月10日で打ち切りとなりました。
 2017年3月17日(金)に聖隷浜松病院の医療相談室のMr.柴田より電話があり、聖隷浜松病院では掛川市及び近辺のリハビリ施設のことは良く分からず、一方、地域のリハビリ施設には中東遠総合医療センターが通じてると思うので、中東遠総合医療センターの整形外科のDr.富田宛ての紹介状を送るとのことでした。2017年3月24日(金)1800に紹介状(簡易書留)を受け取りました。2017年3月27日(月)、中東遠総合医療センターに電話し、2017年3月31日(金)の予約を取りました。
 2017年3月31日(金)、中東遠総合医療センターの地域連携室で、地域の整形外科医(リハビリ施設あり)の一覧表を見せられて、予約制であるという以外は特に理由は無く、あつみクリニックを選択しました。
 2017年4月7日(月)、中東遠総合医療センターより、あつみクリニック宛ての紹介状が届きました。早速あつみクリニックに電話し、最も早い空きがある2017年4月24日(月)を予約しました。
 2017年4月24日(月)より、あつみクリニックに通院。ときたま(何箇月かに1回)の診察と、サボりがちなものの概ね週に1回の脚腰のリハビリを、続けています。
 あつみクリニックでは、当初、私が云ってることと中東遠総合医療センターからの紹介状の内容が食い違ってて困惑した由ですが、聖隷浜松病院からの紹介状のコピィを中東遠総合医療センターから送って貰って合点が行ったといいます。尚、あつみクリニックは、中東遠総合医療センターの地域連携室では予約制であるとの説明でしたが、診察のみ予約制でリハビリは予約制ではありませんでした。因みに、Kクリニックのリハビリよりも、あつみクリニックのリハビリは、軽度です。
 あつみクリニックのリハビリ担当の理学療法士(PT)は、Mrs.鈴木(旧姓篠原)です。


 岡本クリニックでは、焦り止めのレキソタンが限度いっぱいの1日10mg処方されてたので、イザというときに量を増やせないから、試みに減量して呉れと頼み、2017年5月20日(土)より1日4mgとなりました。其の後、焦り感の増大は感じられません。
 2017年8月24日(木)、異様なだるさに鑑み、1日6mgのエビリファイを止めてみました。エビリファイを止めたせいかどうか分からないですが、一箇月ぐらいして、非常に「やる気」が出なくなりました。テレビが面白くなくなったし、猫が死んでもあまり悲しく感じられなかったりと、感情が抑鬱されてる感もありました。2017年10月19日(木)にエビリファイ1日6mgを復活して貰ったところ、一~二箇月して、酷い意欲の減退は納まったような気がしますので、矢張りエビリファイを止めたことが非常にやる気が出なくなった理由の可能性が大きいです。依然、なにごとも億劫ではありますが。
 2018年4月5日(木)に、レキソタンを止めることを提案されましたが、断わりました。効いてない(昼夜逆転)ようなので、ロゼレム錠1日8mgを止めるとのことです。
 寝付きが非常に悪いですが、今でも強い眠剤を出してるので、薬は強くしないそうです。
 尚、2017年4月6日に、リスパダールを、非常に酸っぱくて飲みにくかった液剤から、錠剤に、変更して貰いました。其れまでは、効きが早いので液剤にしてたとのことでした。
 岡本クリニックの現在の処方は下記の通り。
   エビリファイ錠3mg・1回1T・1日2回(朝夕食後)
   レキソタン錠2mg・1回1T・1日2回(朝夕食後)
   リスパダール錠2mg・1回2T・1日1回(就寝前)
   レボトミン錠25mg・1回1T・1日1回(就寝前)
   レボトミン錠5mg・1回2T・1日1回(就寝前)
   フェノバール錠30mg・1回1T・1日1回(就寝前)
   サイレース錠2mg・1回1T・1日1回(就寝前)
   レンドルミン錠0.25mg・1回1T・1日1回(就寝前)
 尚、岡本クリニックの担当医はDr.野島で、勤務日は木曜日と土曜日です。


 糖尿病のため、内科にも通っています。
 また、2018年6月8日(金)の夜遅くから6月9日(土)の朝にかけて安静にしてたのに数時間ごとに鼻血が静かに多量に4回も出たので、6月9日(土)に菊川耳鼻咽喉科に行ったところ200を超える異常な血圧のためと診断され、6月12日(火)に内科に行ったら血圧は140/80で一時的な異常な血圧の原因は分からず通常の降圧剤を処方され、6月26日(火)に内科に行った際は降圧剤を服用中にしては血圧が140/84と高めでしたが薬を続けてると血圧は徐々に落ち着くとのことで降圧剤は同じものを続けることになりました。
 樋口内科・消化器科の現在の糖尿病と血圧の処方は、糖尿病薬メトグルコ錠250mg・1回1T・1日2回(朝夕食後)と、降圧剤アムロジピンOD錠5mg・1回1T・1日1回(朝食後)。
 樋口内科・消化器科は、Dr.樋口の個人診療所です。


 糖尿病のため、眼科にも通っています。
 ずっと以前は年2回でしたが、眼底動脈破裂が見付かってから、年4回になりました。
 尚、手術はまだ早いとの診断ですが、白内障も見付かっております。
 長生堂眼科の処方は、白内障の進行を抑える薬ピレノキシン点眼液(カリーユニ点眼液)0.0005%5mlが3箇月に3瓶。


 2019年1月26日(土)は、未明から夜遅くまで、突然の嘔吐に悩まされましたた。
 嘔吐は、何日もたっても納まらず、また、ごく僅かの流動食を摂っても皆吐いてしまい、どんどん体力が低下してフラフラになって行きました。
 1月28日(月)嘔吐3日目~2月2日(土)嘔吐8日目と2月4日(月)嘔吐10日目に、樋口内科・消化器科に通い、胃腸炎との診断で、薬を処方され毎日点滴を打って貰いましたが、良くなりませんでした。2月5日(火)嘔吐11日目、胃カメラと超音波エコー検査と採血をして貰い、胃炎(潰瘍は無いが腫れが酷い)と酷い逆流性食道炎と診察され、翌日に中東遠総合医療センターの消化器センターに入院できないか掛け合ってみるとのことでした。
 2月6日(水)嘔吐12日目、朝に樋口内科・消化器科で血液検査結果が出(カリウムが低く、貧血だが、腎臓等には異常なし)て、中東遠総合医療センターの消化器科センターへの入院を打診して承認されたとのことでした。其の足で中東遠総合医療センターに行き、即入院となりました。
 2月6日(水)嘔吐12日目入院1日目~2月8日(金)嘔吐14日目入院3日目は絶食(其の間はずっとヒシナルクを連続点滴)、2月9日(土)嘔吐15日目入院4日目は流動食、2月10日(日)嘔吐16日目入院5日目~2月12日(火)嘔吐18日目入院7日目は白がゆ、でした。
 2月12日(火)嘔吐18日目入院7日目の昼食後に退院しました。
 掛川市立病院時代なら2~3週間は入院してたであろう病状なれど、中東遠総合医療センターは短期で退院させるの方針で、まだ、一週間程度の自宅静養が必要でした。
 入院中の薬は、以下の通り。
   アルロイドG内用液5%60ml分3毎食前
   カモスタットメシル酸塩錠100mg3錠分3毎食後
   モサプリドクエン酸錠5mg3錠分3毎食後
   ラペプラゾールNa塩錠10mg1錠分1夕食後
 退院時に、入院中と同じ薬を14日ぶん処方・調剤されました。
 退院後、30~40日毎に、樋口内科・消化器科に通っており、入院中と同じ薬を処方されています。(薬の量が多いので、胃炎と逆流性食道炎・糖尿病・血圧の薬を、同じ日数ぶん、一包化して出して貰うことになりました)
 退院後も、時々、逆流性食道炎の発作が起きていますが、3月末頃までには段々と軽症になりました。食事は摂れていますが、薬の副作用か、白御飯の臭いが鼻につき、何かを掛けた御飯か炒め御飯にしています。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - シバケン

2019/06/05 (Wed) 08:11:04

<補足>

<参考=NO.1705 続々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く>
http://mrshibaken.g2.xrea.com/majinbbs/mina_zatudan_153.htm#no1705


尚、
一連の板は、下記<参考>に記載。

<参考=医療<起稿一覧>>
http://mrshibaken.g2.xrea.com/majinbbs/mina_thema_medical.htm

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/06/07 (Fri) 00:27:10

<6月6日(木)の岡本クリニック>

 こんばんは。


 2週間ごとに、菊川市加茂の岡本クリニックに通っている。
 前回より2週間、6月6日(木)1630を予約してあった。

 1612発車、晴れ。暑い(因みに掛川市の最高気温は29℃)。
 1624岡本クリニックに着、薄曇り。

 1630頃~1640診察、Dr.野島。
 薬は変えない由。
 2週間後の6月20日(木)はDr.野島が休みなので、次回は3週間後の6月27日(木)1630となった。

 1647終了。
 1648退出、曇り。

 1649~1659親切堂薬局カモ店。いつもの薬の調剤21日ぶん。いつも(14日ぶん)よりも34%高かった。
 薄曇り。1707発車。

 1708~1728ローソン菊川インター店。母が体調を崩しているので出来合いの夕食をと、冷し台湾まぜそば498円、ロースかつ丼550円。煙草(メビウス・ゴールド・ワン)10箱4800円。
 曇り。

 1748帰宅、曇り。走行12km。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/06/09 (Sun) 23:07:19

<6月7日(金)あつみクリニック(脚腰のリハビリ),風の家(カレー)>

 こんばんは。


 原因不明のために抜本的治療策のない間欠跛行は悪化し、数分間も立ち続けたり歩き続けたり出来なくなっているが、脚腰の萎えを防ぐ“だけ”のためのリハビリには、あつみクリニックに週1回通っている。尤も、前回に行ったのは5月10日(金)で、上京準備、上京の疲れ、等で一箇月近くサボて仕舞ったが。
 「風の家」は、NPO法人が運営する障害者就労支援施設であり、低廉な食事処を営んでいる。食事処「杉」の跡、掛川市緑ヶ丘1-9-5。上張のガードから南下し、セブンイレブン掛川上張店の角を東に左折して数十メートル、右側(南側)。営業時間は、平日の9時~17時半。

 この日は、大雨だった。
 土砂降りが納まるのを待ってたら遅くなり、1614レガシィ・ランカスター6発車、小降り。
 1620~1624土砂降り。
 1628あつみクリニックに着、小降り。天候のせいか、Pは比較的すいてた。
 受け付け。待合室がらがら。
 6月に診察を受ける必要があることは前回に聞いていたが、直近の空いてる日ということで、6月24日(月)1530を予約した。

 1638リハビリ室に呼ばれた、理学療法士(Physical Therapist)Mrs.鈴木(旧姓篠原)。
 鈴木PTは、6月10日から産休に入るのではなく、6月10日付けで退職するという。
 1640~1651脚腰ストレッチ。サボってた割には、さして痛くない。
 仰向け寝で脚先を抑えて貰い、手で抑えて貰う力に抗して膝開き、20回。問題なし。
 同じ姿勢で、尻揚げ、20回。休まずに出来た。
 雨なので、1~2分間の屋外歩行は、中止。
 1653リハビリ終了。鈴木PTと、お別れ。

 1700終了。
 1701退出、小雨。
 1703発車。

 1706風の家に着。8回目。
 既にラストオーダ時刻を過ぎていたが、少ない手間で用意できて早喰いが出来るカレーライス300円を注文できた。(予定ではカルボナーラのパスタ350円だったのだが大雨のせいでラストオーダ時刻に間に合わなかった)
 前回5月10日のブログ記事のプリントアウトを渡した。喜ばれた。
<5月10日(金)風の家(日替定食),あつみクリニック(脚腰のリハビリ)(ちゆきの懸想文)>
https://chiyuki333.hamazo.tv/e8450681.html
<5月10日(金)風の家(日替定食),あつみクリニック(脚腰のリハビリ)(e-じゃん掛川:ちゆきのブログ)>
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=840734
 1715料理が来た。美味しかったが、急いでかきこんだ。
 1722退出、小雨。
 カモスタットメシル酸塩100mg、モサプリド5mg。
 1726発車。

 1741喫茶店cafePITに着、小雨。
 腰の状態が悪いので、大荷物を降ろさず。後日譚だが、6月9日(日)は、荷物が半分ぐらいなので自分で持って上がったら、階段から転落しそうになった。
 前日までは真夏だったが、この日はTシャツとハーフパンツでは肌寒く、熱いミルクティー400円。
 1921店主Mr.山本と一緒に荷物降ろし。3回に分けて。
 ヘッドセット(インカム)、シグマAF28~70mmF3.5~4.5(キヤノンEFマウント)、小型の充電式ドリルドライバ、等9点を贈。
 Fire TV Stickでは画面ソフトキーボードで充分ということで、EWINのBluetoothミニ日本語キーボード白が返ってきた。当面の使途は無いが、タブレットパソコン用に使える。
 「ふらいんぐうぃっち」が、アニメ化されてたという。しかし、アマゾンプライムビデオの48時間レンタルで、324円×12話もする。帰宅してから調べたが、セル用はブルーレイのみで中古も高価、レンタル落ちの中古DVDは見付からなかった。
 2055発車、小雨(21時にはやむという予報だったのに)。

 2107帰宅、小雨。走行24km。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/06/16 (Sun) 22:07:18

ついき:

旧:
 あつみクリニックのリハビリ担当の理学療法士(PT)は、Mrs.鈴木(旧姓篠原)です。

新:
 あつみクリニックのリハビリ担当の理学療法士(PT)は、Mrs.鈴木(旧姓篠原)です。2019年6月16日に追記:担当PTはMrs.鈴木の退職に伴い6月14日よりMr.荒木に変わりました。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - シバケン

2019/06/16 (Sun) 22:18:25

ハイ、
しかるべくの、追記致しましたです。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/06/16 (Sun) 23:16:50

<6月14日(金)風の家(パスタ),あつみクリニック(脚腰のリハビリ)>

 こんばんは。


 原因不明のため抜本的治療策のない間欠跛行は悪化し、数分間も立ち続けたり歩き続けたり出来なくなっている。脚腰の萎えを防ぐ“だけ”のためのリハビリには、あつみクリニックに週1回通っている。
 「風の家」は、NPO法人が運営する障害者就労支援施設であり、低廉な食事処を営んでいる。食事処「杉」の跡、掛川市緑ヶ丘1-9-5。上張のガードから南下し、セブンイレブン掛川上張店の角を東に左折して数十メートル、右側(南側)。営業時間は、平日の9時~17時半。

 この日は曇りだったが、晩から降るという予報、因みに翌日は大雨で翌々日は晴れとの予報であった。
 1307レガシィ・ランカスター6発車、曇り、暑め。Tシャツにハーフパンツに黒ズック靴。

 1316生涯学習センターに着、曇り。
 1319担い手の部屋4に着、先着2名。
 全日本写真連盟掛川支部5月例会。
 「新元号制定記念祭り」佳作、「熊野の長藤」選外、「狸と鯉」選外。
 1453終了、1456退出。
 1457車に着、曇り。
 上京で撤収作業を欠席した写真展の、展示作品3点を、預かっていて呉れた支部長より受取。
 予備シャープペンシル紛失に気付く。
 1508発車。

 1515掛川市商工会議所に着、曇り。
 会費支払。
 1536一旦、車に戻る。
 1538下車。(商工会議所から駐車許可は得てある)
 逆川土手の百合を撮影。DSC-RX100M2、絞り開放。また、過日に発見したクラッセW(コダックBW400を詰めてある)の動作テスト、絞りF2.8。
 1547車に着、曇り。
 1549発車。

 1555風の家に着、曇り。9回目。
 6月7日のカレーライスのブログ記事のプリントアウトを渡す。
 カルボナーラのパスタ350円。初めて。美味だったが、熱いので注意。
 1623カモスタットメシル酸塩100mg、モサプリド5mg。
 1630発車、曇り。

 1633あつみクリニックに着。Pそこそこ混雑。
 受け付け。待合室、すいてる。
 少し待たされた。
 1704小用。
 1707待ち構えていたPTにリハビリ室に呼ばれた。
 PT(理学療法士)Mrs.鈴木の退職に伴い、Mr.荒木に変わった。
 1708~1720脚腰ストレッチ、少し丁寧、強さは殆ど変らず。さして痛くない。
 仰向け寝で膝を曲げ、手で抑えて呉れる力に抗して膝開き(足先は抑えず)、20回。問題なし。
 同じ姿勢で、尻揚げ、20回。10回で一時休憩したが、最後までやり切れた。
 1724~1726屋外歩行、P一周。曇り、涼しめ。かろうじて休まずに歩き切れた。
 Mr.荒木もフレンドリーだった。
 1726リハビリ終了。
 1733終了。
 1735退出、曇り。
 1736車に着。
 1740発車。

 雨の夜は怖いので、カメラのキタムラ掛川中央店(DSC-RX10M3用の中古エレクトリックフラッシュの購入)と喫茶店cafePITは、延期。

 1805帰宅、走16km、曇り(今にも降りそう)、まだ明るい。
 クラッセWのテスト撮影。
 母は小学校の茶****室から未帰宅。
 其の後に帰宅した母によれば、1820頃に小学校を出る際に降られた由。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/06/17 (Mon) 21:56:15

<6月17日(月)樋口内科・消化器科(だるい、食道炎、糖尿病、血圧)>

 こんばんは。


 今日6月17日(月)、やけに、だるくてしんどい。思い返せば昨日も、今日ほどではないが、だるかった。

 2月6日(水)から2月12日(火)まで、胃炎と逆流性食道炎で中東遠総合医療センターに入院し、2月26日(火)に樋口内科・消化器科にて、入院中と同じ薬を30日ぶん処方して貰い、3月29日(金)と5月8日(水)には同じ薬を糖尿病薬と降圧剤と一包化して40日ぶんを処方して貰った。
 其の後、胃炎は起きず、逆流性食道炎は散発するものの重症化はしていない。
 5月8日(水)に処方して貰った薬が残り僅かなため、今日6月17日(月)に樋口内科・消化器科に行くことを先月から予定していた。

 そんな訳で、今日6月17日(月)に樋口内科・消化器科に行ってきた。

 1610レガシィ・ランカスター6発車、晴れ。駐車中の車内はサウナ状態だった。Tシャツにハーフパンツにズック靴。
 1618樋口内科・消化器科に着、晴れ。障害者Pに駐車。
 待ち患者8名。
 1640頃より、点滴等室のベッドで待たせて貰う。

 1717~1725診察、Mr.樋口。
 薬が切れるので元々今日に来る予定だったが、昨日今日とやけにだるくてしんどい。
 体温37.2℃とのこと。
 血液酸素飽和度99%、脈110bpmの由。
 聴診、触診で異常ないという。
 血圧=130mmHg/80mmHgとのこと。
 「お腹の風邪」だろうという。解熱消炎鎮痛剤も出すとのこと。
 前回5月8日(水)の血液検査結果。5月8日に空腹時GLU=145と、高めではあるものの、いつもよりは低かった。HbA1c=6.6と落ち着いてる(2月には7.0だった)。尿酸=7.1と高めだが、此れまで高かったことはないので多分心配はないだろうと様子見。CK=299と高め、血清アミラーゼ=33と低め、白血球数=118と高い。赤血球数=396、ヘモグロビン=10.9、ヘマトクリット=35.6、MCH=27.5、MCHC=30.6、と低め(MCV正常)。中性脂肪とLDLコレステロールとカリウムと血清総蛋白と血小板数は、正常に復した。

 1450円(3割負担)。
 1733終了。
 処方。此れまでと同じ薬、ラペプラゾールNa塩錠10mg「明治」1日1錠 夕食後(1日1回)40日ぶん、カモスタットメシル酸塩錠100mg「トーワ」1日3錠 朝昼夕食後(1日3回)40日ぶん、アルロイドG内用液5% 1日60ml 朝昼夕食前(1日3回)40日ぶん、モサプリドクエン酸塩錠5mg「ケミファ」1日3錠 朝昼夕食後(1日3回)40日ぶん、メトグルコ錠250mg1日2錠 朝夕食後(1日2回)40日ぶん、アムロジピンOD錠5mg「ケミファ」1日1錠 朝食後(1日1回)40日ぶん、アルロイドG以外を一包化。解熱消炎鎮痛剤、カロナール錠200 1日3錠 朝昼夕食後(1日3回)5日ぶん。

 1738発車、晴れ。
 調剤は、かかりつけ手帳に記入後の明日に。
 道路混雑。
 1749~1757ヤマト運輸掛川千羽センター。ThinkPad Helixを受け取り。
 1802帰宅、晴れ、明るい。走10km。

 1810PL配合顆粒1g。(カロナール錠の代わりに)

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/06/20 (Thu) 02:54:42

<6月19日(水)樋口内科・消化器科の処方薬の調剤依頼を母に頼んだ>

 こんばんは。


 6月17日(月)に樋口内科・消化器科に行って、6月16日(日)からの症状であるだるさ、以前からの病状である胃炎と食道炎・糖尿病・異常な血圧、の薬を処方して貰った。
 しかし、6月18日(火)に調剤して貰いに薬局に行く予定だったのに、だるくてしんどく、行けなかった。6月19日(水)も、だるさとしんどさは納まらず、薬局に行くのは困難であった。

 そこで、6月19日(水)に、三浦医院に行く母に、杏林堂薬局葛ヶ丘店への調剤依頼を頼んだ。

 薬局は混んでいて、約1時間、待たされたという。
 5100円(3割負担)であった。

 調剤内容は、ラペプラゾールナトリウム錠10mg「ケミファ」1日1錠 夕食後(1日1回)40日ぶん、カモスタットメシル酸塩錠100mg「サワイ」1日3錠 朝昼夕食後(1日3回)40日ぶん、アルロイドG内用液5% 1日60ml 朝昼夕食前(1日3回)40日ぶん(200ml瓶12本)、モサプリドクエン酸塩錠5mg「日医工」1日3錠 朝昼夕食後(1日3回)40日ぶん、メトグルコ錠250mg1日2錠 朝夕食後(1日2回)40日ぶん、アムロジピンOD錠5mg「NS」1日1錠 朝食後(1日1回)40日ぶん、カロナール錠200 1日3錠 朝昼夕食後(1日3回)5日ぶん。
 処方されたジェネリック薬の殆どは、別のメーカのジェネリック薬を調剤された。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/06/20 (Thu) 19:38:17

ごきていせい(2019/06/17 (Mon) 21:56、2019/06/20 (Thu) 02:54、の2投稿):

 誤:カロナール錠200 1日3錠 朝昼夕食後(1日3回)5日ぶん。
 正:カロナール錠200 1日6錠 朝昼夕食後(1日3回)5日ぶん。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - シバケン

2019/06/20 (Thu) 19:56:21

ハイ、
しかるべくの、修正致しましたです。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/06/20 (Thu) 21:32:08

ぎょうむれんらく:
 2019/06/17 (Mon) 21:56の投稿が未訂正です。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - シバケン

2019/06/20 (Thu) 23:05:55

オッとの、
申し訳ありませんです。
先刻、両日修正分を、アップ・ロード致しましたです。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/06/24 (Mon) 19:58:27

<6月24日(月)整形外科あつみクリニックの診察とリハビリをサボり>

 こんばんは。


 原因不明で抜本的治療策が無い間欠跛行は悪化し、数分間も立ち続けたり歩き続けたり出来なくなっており、整形外科あつみクリニックに、脚腰の萎えを防ぐため“だけ”のリハビリに週1回通っており、数箇月ごとに診察を受けている。
 今日6月24日(月)1530に診察の予約をしていた。
 しかし、6月16日(日)より、身体がだるくてしんどく、6月17日(月)に樋口内科・消化器科で「おなかの風邪」と診断されてカロナール200を1日6錠5日ぶん処方されたが、体調は少し良くなったものの完全には回復せず、先週(6月17日~6月22日)あつみクリニックのリハビリをサボってしまい、今日6月24日(月)あつみクリニックの診察をサボってしまった。

 今朝0930頃、あつみクリニックに電話し、今日の予約を取り消し、直近で診察に空きがある7月2日(火)1630を予約した。

 だるさは、ピークの6月17日(月)~19日(水)頃に比べれば、今日6月24日(月)には、だいぶ軽減しているが。
 尚、6月21日(金)に掛川郵便局に行ったことで、ぶり返したのかもしれない。
 今後、様子を見て、再び樋口内科・消化器科に行くかもしれない。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - シバケン

2019/06/24 (Mon) 22:00:29

磯津千由紀さん、こんばんわ。

本題からは、ズレるですが、
本日、19時22分頃、静岡方面に、地震<!>
御地は、大丈夫ですか<?>

<参考=「静岡・熱海で震度4」(産経ニュース)>
https://www.sankei.com/affairs/news/190624/afr1906240036-n1.html

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/06/24 (Mon) 22:13:20

 シバケン様、こんばんは。


 当地、緊急地震速報直後に安静に待機するも、感なし。
 震源に近い熱海でも震度4なれど、警察にも消防にも被害連絡皆無。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - シバケン

2019/06/24 (Mon) 22:28:36

磯津千由紀さん、こんばんわ。

特段の事、無ければ、よかったです。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/06/25 (Tue) 00:11:22

 シバケン様、こんばんは。


 地震は、最大震度2の余震を含めて、大山鳴動して鼠一匹。
 其れより、雨が。2250頃から2335頃までBS放送が降雨対応放送も写らぬほどの、降りでした。2345頃から小降り。アメダス時間雨量、23時30.5mm、0時27.0mm。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/06/25 (Tue) 00:19:17

 追伸です。


 大雨が納まった後の0003になって大雨警報が出ました。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - シバケン

2019/06/25 (Tue) 01:17:02

磯津千由紀さん、こんばんわ。

こちら方面では、昨日<6月23日・日>は、本来、雨予報でしたが、降らず。
イヤ、ホンの僅か、お湿り程度になら、降ったかも、ですが。
降っても、多分なら、夜半。

結果的、このところ、日中での、雨知らんです。

まあね。
何れにせよ、地震が軽微なら、何よりです。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/06/25 (Tue) 20:44:03

 シバケン様、こんばんは。


 地震は、被害皆無だったようです。

 一方、雨は、特に2310頃~2330頃が猛烈でした。
 00:15に掛川市・袋井市・菊川市に土砂災害警戒情報が出ましたが、03:25に3市の土砂災害警戒情報が解除されました。
 00:58に掛川市に洪水警報が出ましたが、04:33に大雨警報と洪水警報は解除されました。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/06/28 (Fri) 23:21:19

<6月27日(木)の岡本クリニック>

 こんばんは。


 2週間ごとに、岡本クリニックに通っている。
 前回が6月6日(木)だったから順当にいけば6月20日(木)の計算だが、6月20日(木)はDr.野島が休みなので、6月27日(木)1630を予約してあった。

 1606レガシィ・ランカスター6発車、小雨。
 梅雨前線のせいで20~21時ごろには大雨が予報されており、翌朝には、のちに台風3号になる熱帯低気圧が接近する見込みであったが、この時点ではまだ大荒れには程遠かった。
 西方にまた、河川工事のため、道路にシケインが出来ていた。
 1618岡本クリニックに着、小雨。
 Dr.岡本が体調不良で、Dr.野島のみで診療を行なっているという。

 1628~1633診察、Dr.野島。
 6月16日(日)より、だるくてしんどく、6月17日(月)に樋口内科・消化器科に行って、「おなかの風邪」と診断された。前週は、あつみクリニックのリハビリをサボり、6月24日(月)は、あつみクリニックの診察とリハビリをサボってしまった。だるさは、まだ少し残っているものの、大方納まった。
 薬は変えない由。

 1638終了。
 1642退出、小雨。
 1643~1652親切堂薬局カモ店。いつもの薬の調剤14日ぶん。
 1655発車、小雨。
 1707帰宅、小降り。走行12km。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/06/29 (Sat) 16:50:23

<6月28日(金)あつみクリニック(脚腰の萎えを防ぐだけのリハビリ)>

 こんにちは。


 原因不明なので抜本的治療策のない間欠跛行は悪化し、数分間も立ち続けたり歩き続けなくなっているが、脚腰の萎えを防ぐ“だけ”のためのリハビリには、整形外科あつみクリニックに週1回、通っている。
 前回に行ったのは、先々週の6月14日(金)であった。6月16日(日)より、だるくてしんどく、6月17日(月)に樋口内科・消化器科に行って、「おなかの風邪」と診断された。先週は、あつみクリニックのリハビリをサボり、今週6月24日(月)は、あつみクリニックの診察とリハビリをサボってしまった。
 だるさは、僅かに残っているものの、殆ど納まったので、6月28日(金)に、あつみクリニックにリハビリに行ってきた。

 早朝に台風3号が接近したが、朝には台風一過の晴れで、暑い日であった。アメダスによれば、真夏日で、最高気温は30.3℃(1255)であった。室内でも、熱中症アラームが今年になって初めて警報を発し、厳重警戒(69%30℃)を表示した。

 17時になって、まだ暑く、だるさが僅かに残っているが、重い腰を上げた。
 1707レガシィ・ランカスター6発車、晴れ。
 1721あつみクリニックに着、薄曇り。Pそこそこ混雑。
 1727下車、暑い。
 受け付け、待合室がらがら。
 8月11日~15日が休診の由。

 1738リハビリ室に呼ばれた、PT(理学療法士)Mr.荒木。
 1739~1749脚腰ストレッチ。強め、少し痛い。
 仰向け寝で膝を曲げ、尻揚げ10回。問題なし。
 同じ姿勢で、手で抑えて貰う力に抗しての膝開き、10回。問題なし。
 PT荒木に、尻揚げと膝開きは前回まで20回ずつだったと云ったら、少し驚いていた。
 1750~1752屋外歩行、P一周。晴れて暑い。休まずに歩き切れた。PT荒木に二周目に行くかどうか問われたが、流石に無理と判断して断わった。
 1752リハビリ終了。

 1754終了。
 1757退出、晴れ。
 1803発車。
 博労橋まで、道路混雑。
 1824帰宅、晴れ、まだ明るい。走行14km。
 母は小学校の茶****室から未帰宅。
 まだ暑く、熱中症アラームは厳重警戒(67%30℃)。夜も蒸し暑く、廊下の戸を開けているのに、深夜0時でも厳重警戒(68%29℃)。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/07/01 (Mon) 01:55:30

<6月29日(土)朝の逆流性食道炎>

 こんばんは。


 遡れば、1月26日(土)、未明から夜遅くまで、突然の嘔吐に悩まされました。嘔吐は、何日も納まらず、また、ごく僅かの流動食を摂っても皆吐いてしまい、どんどん体力が低下してフラフラになって行きました。1月28日(月)嘔吐3日目~2月2日(土)嘔吐8日目と2月4日(月)嘔吐10日目~2月6日(水)嘔吐12日目に、樋口内科・消化器科に通い、胃炎と逆流性食道炎と診断されて、2月6日(水)嘔吐12日目~2月12日(火)嘔吐18日目の7日間に中東遠総合医療センターの消化器科センターに入院しました。
 退院後、入院中と同じ薬を、今も服用しています。(アルロイドG内用液5%60ml分3毎食前、カモスタットメシル酸塩錠100mg3錠分3毎食後、モサプリドクエン酸錠5mg3錠分3毎食後、ラペプラゾールNa塩錠10mg1錠分1夕食後)
 退院後も、時々、逆流性食道炎の発作が起きていますが、3月末頃までには段々と軽症になりました。

 其れが、6月29日(土)朝0645、就寝中に突然、胆汁(多分)が逆流して、喉の激痛に襲われました。
 0650、アルロイドG5%20mlを服用しましたが、効果なし。
 0655、ネスカフェ・エクセラ・ふわラテを飲用したら、激痛が軽減しました。
 0900頃には、まだ喉が痛むものの、痛みは軽くなりました。
 此の日は、朝食を抜きました。予定してた外出は、中止しました。
 昼前には、痛みは納まりました。

 6月29日(土)午後~6月30日(日)終日、様子を見ましたが、再発はなく、7月1日(月)に医療機関には行かず、更に様子を見ようと思います。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/07/07 (Sun) 23:32:56

<7月2日(火)あつみクリニック(間欠跛行の診察、脚腰のリハビリ)>

 こんばんは。


 原因不明のため抜本的治療策がない間欠跛行は悪化し、数分間も立ち続けたり歩き続けたりできなくなっている。整形外科あつみクリニックに、脚腰の萎えを防ぐため“だけ”のリハビリに週1回と、診察に数箇月に1回、通っている。
 当初は6月24日(月)1530に診察を予約していたが、だるくてしんどい状態が続いたので、サボって、直近で空きがあった7月2日(火)1630に変更して貰った。

 だるさは6月末で一旦納まっていたのに、此の日はまた全身がだるかったが、軽度なので、あつみクリニックを再延期はしなかった。
 1608レガシィ・ランカスター6発車、曇り。午前に降ったが、路面は乾いていた。
 晴れたり曇ったり。
 1621あつみクリニックに着、晴れ。P混雑、障害者Pに駐車。
 1624下車、暑め。
 受け付け、待合室がらがら。
 1630中待合に呼ばれた。
 レントゲン撮影は、なかった。

 1637~1639診察、Dr.山梨。
 リハビリを継続する由。

 1649リハビリ室に呼ばれた、PT(理学療法士)Mr.荒木。
 1651~1705脚腰ストレッチ。右脚と腹筋が痛い、前回に余裕が見受けられたので強くしたとのこと。
 仰向け寝で膝を曲げ、尻揚げ、20回。なんとか、休まずに出来た。
 同じ姿勢で、手で抑えて貰う力に抗して膝開き、20回。問題なし。
 1708~1710屋外歩行、P一周。曇り、暑め。随伴PTが2名。なんとか、休まずに歩き切れた。
 1710リハビリ終了。

 1715終了。
 1718退出、曇り。
 休憩。
 1728発車。
 博労橋を通らぬルートにしたが、塩町南まで道路混雑。
 1751帰宅、曇り。まだ明るい。走行14km。
 依然、全身だるい。
 涼しい。熱中症アラームは、警戒表示(77%、26℃)。

 此の日7月2日(火)以降も、軽いだるさは続いている。
 梅雨前線と低気圧で大雨だったので7月3日(水)夜から7月4日(木)昼過ぎまで徹夜警戒をしたら、少し体調を崩したが、7月5日(金)には、ほぼ治まった。
 7月6日(土)未明に大雨警報が出て、半徹夜をしたら、7月6日(土)朝から今7月7日(日)夜に至っても体調が乱れている。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/07/12 (Fri) 23:02:17

<体調が優れず>

 こんばんは。


 7月9に(火)~10日(水):嘔吐と逆流性食道炎
 今日7月12日(金):酷い息切れ

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - シバケン

2019/07/13 (Sat) 09:51:57

磯津千由紀さん、おはようございます。

>7月9に(火)~10日(水):嘔吐と逆流性食道炎
>今日7月12日(金):酷い息切れ

嘔吐、逆流性食道炎に、息切れですか。

当方、嘔吐は無いですが、ホンの時偶、ホンの軽く、胃液が上がって来る事あるです。
特には、この時期。

当方的には、蒸し暑かったり、まともに、暑かったり、致しまして。
要は、水分の摂り過ぎ哉と、自分なりには、考えてまして。
さりとて、水分摂取せぬ事には、別途の問題あるです故、その辺り、調整<?>してるですが。

息切れの方、
息切れと、するよりは、息するが、しんどい<?>事、あるですねえ。
これは、暑さのせいと思てるですが。
ソラ、吸うの空気、暖かく。
まあね、当方の場合、年齢問題大きく。

とかとか、
多分なら、ですが、この時期、水分摂取多くなり。
結果、水で、腹膨れてしまいまして、肝心の食事がと。
これと、暑さでの、運動量不足も、諸般の原因ではと。

Re: 続々々:2014年5月からの原因不明の間欠跛行(?)は続く - 磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)

2019/07/13 (Sat) 16:04:08

 シバケン様、こんにちは。


 委細は、追って投稿するです。
 只、息切れは、尋常なものではなく。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.